よりどりみどり

おしゃれに、豊かに、楽しい人生を。歯列矯正・ミニマリスト体験記なども

MENU
スポンサーリンク

コインの表裏のように

表があれば、裏がある。

 

この世の常だ。何だってセットになっている。

 

「美しい!」と絶賛される人は陰で「嫉妬」されるかもしれないし

「挑戦」すると「失敗」するかもしれない。

 

私は今まで「カッコつける」ことで「深く愛されない」ようにしていたのかもしれないと思う出来事があった。

 

おっちょこちょいなワタシの話

私は結構オッチョコチョイだ。

 

昨日は、自宅で床に置いていた20ウン万円するバレンチノのバッグに右足を突っ込んでしまった。瞬間的に「ワーン(;;)!!!」と叫んだ姿が滑稽だったようで、彼にゲラゲラ笑われた。

 

その前の日は、半年以上一緒に仕事をしているビジネスパートナーの苗字を間違え、お店の方に領収書を3度も書き直してもらった。スミマセン

 

ついでに、ご飯を食べながら彼と話していたら、オーバーリアクションだったせいか自分の人差し指を自分の体に激突させてセルフ突き指してしまうなど、日々なかなかのオッチョコチョイ具合を発揮している。

 

直近の私の調子が悪いのではない。

わりと、日常だ。

 

憧れを体現してきましたが......

そもそも、かっこいい人に憧れていたのだと思う。

 

バリバリ仕事ができるキャリアウーマンとか、女性の経営者とか。

 

外資系OLも英語もかっこいいからやってた。辞めたけどwww

midori32.hatenablog.com

 

肩の力が抜けました

昨日書いた記事がなかなか好評でね。

 

「私にとって仕事は金のエンゼルを探すようなこと」って書いたんだけど、その事実を認めた後に、なんだか肩の力が抜けたのです。

 

私の仕事ってカッコつけることじゃないぞと。ありのままの自分を表現しながら、その一環で、誰かを助けたり幸せを応援することだろうと。

 

結果、カッコよくなることもあるかもしれないけど、それは主ではない。

 

自分がいい感じ!のまま仕事をしながら、気の合う仲間が見つかったら超嬉しいし、その仲間と一緒に仕事ができたらもっと面白いよなとも思う。共存共栄。だったら尚更「そのままのわたし」が見えるような発信をしていった方がいいではないか。

f:id:midori32:20180222191922j:plain 

 

超嫌われてもいい

だけど、そういう発信をするってことは、つまり「超嫌われる」可能性もあるってこと。

 

今までは「超嫌われる」ことを避けて書いてた。

 

ほら、よくあるじゃないですか。

パレートの法則で。

変形して2:6:2ってやつ。

 

あなたのことが好きな人が2割いて、6割は普通で、残りの2割は嫌い。これはもう、どうしても変えられない割合なんですって。

 

私はできたら全員と仲良くしたかった。せっかく興味を持ってもらったのだから。

 

でもやっぱ無理なんですよね。

だったらもう「超嫌い」は覚悟で「超大好き」と出会うべく書いていくしかない。

 

嫉妬されて、揶揄されて、その度に傷ついてきたけど、もうそんなのもいいかなって、するっと心づもりが決まってしまった。

 

 

 

500円ちょーだい!ってコインをねだっても、表だけ手に入れるとか無理でしょう?笑

 

欲しいものがあるなら、裏=リスクも覚悟して、引き受けてみましょう。

 

大阪の人へ

3/4にイベントがありますのでお越しください♡

男性もオッケー お待ちしてます!

 

小鳥遊みどり