よりどりみどり

おしゃれLIFEクリエイター・みどりによるステキな日々の過ごし方♬歯列矯正・美容・断捨離・ミニマリスト体験記も♡

MENU
スポンサーリンク

辛い毎日を素敵な日々に変える方法

スポンサーリンク

2016.12.5 追記しました

 

こんばんは、みどりです。

 

よく、キラキラしてるね、行動的でいいね!とお褒めを頂くことがあります(*^^*)

 

そんな風に見えるわたしですが、長〜〜いこと、辛い日々を過ごしていたこともあります。

 

今日は自身を振り返りつつ、辛い毎日を素晴らしい日々に変える方法をお伝えしましょう。

 

しなくてもいいこと、してません

さて、まずは今のことから。

 

あまり忙しいと言うのは好きではないのだけど、10月に入ってから一気にワタワタとし始めました。本業も、プライベートも、ブログ界隈も、一気に動き始めた感じです。

 

やりたいことに集中しているつもりでも、その中には、まだまだ、自分がやらなくていいことが沢山。

 

「あー、これ、やんなくていいじゃん!」と気が付いたら、思い切ってやめてみます。

 

たとえば、先日から利用している家事代行。掃除は嫌いなので、試しにやめてみました。手放しても良いものはドンドン人にお任せしたり、やらなくていい仕組みを作ったり。

 

すると正直な自分に出会う

ストレスを手放し、やりたいことをドンドンやりながら精一杯過ごしていると、自分の本心に、ちゃんと気がつきます。

 

今日も、自分の中にまだ無理している部分があると気がついて、マックカフェで人知れず泣きました。笑(その話はまたどこかで!)

 

そんなわけでバタバタしていますが、毎日脱皮しているようで、とても楽しい。

 

目まぐるしい日々が「おい、みどり、お前まだ手放せるもの、あるぞ」と気付かせてくれます。

 

暇でぼんやりしていると悩む

今でこそ「毎日マジで楽しいなぁ」と感じる日々が過ごしているみどりですが、

 

以前は

 

「ぼんやり&暇で、毎日何したら良いかわからない。つまんない、、、。」

 

 

と思いながら過ごしていました。

 

全力疾走→暇な日々へ

たまには、仕事の話など。

 

以前、アパレルの販売員から、憧れていたメーカーの内勤に職を変えたことがあります。26歳の時のことです。

 

未経験職種で、さぞかし忙しい日が続くだろうと思っていたのですが、非常にクリーンなセクションで、忙しさとは無縁の日々が始まりました。

 

前職では、終電間際まで上司とミーティングしたり、次週の打ち手を考えたり、後輩に指導したりと、いわゆるサービス残業続きでしたが、その仕事では、残業しなくても良かったんです。

 

皆さん「今のうちだけだから早く帰りな〜」と送り出してくれて。定時で帰れる生活は、その後もほとんどず〜っと続き、やりたい仕事と素晴らしい労働環境を手に入れて、夢心地でした。笑

 

早く帰れた分、周りの人と早く同じように仕事ができるように!と猛勉強。でも自宅では寝てしまうし、会社の知り合いに会ったら(コツコツ努力しているのを見たら鼻につく人もいるだろうと思って)嫌だったので、通勤経路&駅から離れたジョナサンで毎日のようにバリバリ勉強していました。おかげで、新しい仕事で役に立つ資格が取れましたね。

 

資格を取ってよかったのは、仕事の流れを俯瞰して見られるようになったこと。さらに会社の人同士の付き合いには積極的に顔を出すようにしていたせいか、仕事や人間関係には半年で慣れ、特に頑張る必要もなくなってきました。

 

そしてやってきたノンビリした毎日。そんな頃、わたしは悩みだしました。

 

 

「わたし、なにやってんのかなぁ......」

 

 

 

「頑張らないと無価値」と思ってた

この頃のわたしは、頑張るのが当たり前でした。

 

自己評価が非常に低く、人と比べて、自分はすごく劣っている、と思っていたからです。

 

「自分はそのままでは全然ダメだから、人の10倍頑張らないと人と同じになれない!」と本気で思っていました(笑)

 

別に頑張らなくて良かったし、今だったら、もっと楽に同じ成果を得る方法を考えると思います。

 

それにノンビリやっていいなら、超ラッキーですよね。今なら、そんなありがたい状況を十分に享受し、新しく自分の仕事を作るとか、何か誰もやっていないことを探して、トライして目立ったりするでしょう。

 

そんな感じで燃え尽き症候群&新たな目標が見つからない中、ぼんやりと過ごしていました。

 

恋愛も完全にやる気がなく、ただ猛烈に好かれたからという理由だけで同じ恋人と2年以上付き合い、文字通りぼんやりした時間を過ごしていましたね。

 

その後もぼんやり期は続きましたが、上手に自分を騙していました。

 

断捨離を始めたり、住む場所を変えたり、あたらしい恋人と付き合うようになったり、同棲を始めたりと、当時は目まぐるしい日々にハイになっていましたが、今考えると、自分自身のぼんやり感を誤魔化したかっただけのように思います。

 

ブログを始める

マンネリ化していくつまらない日々の中の中で、ブログを書き始めました。

 

初めて、自分は世の中に対して何が出来るのだろうか?と真剣に考え始めたんです。

 

そして、このブログを作りました。29歳の頃でした。

 

憧れの存在になりたい

ブロガーに憧れていたんです。

 

そこにあるのは、文字と写真とイラストだけなのに、それだけで人を惹きつけるってすごいな、と。

 

そんなわたしは思いました。

 

「憧れのブロガー達のように、ただの個人になった時、会社という枠を外して『誰かのために』できることはあるんだろうか?」

 

「あるとしたら、何だろう?」

 

「この世の中で、誰かの役に立つことは何だろう?」

 

自分が憧れる人のようになりたかったし、自分の疑問の答えも欲しかった。そうして、ブログを書き始めたんですね。

 

気が付いた頃には、ぼんやり感は消えていました。

 

みどりのターニングポイント

「どうしたら、自分の人生はもっと豊かになるのだろう?」そんな視点を持てた時から、少しずつ、毎日が変わってきたように思います。

 f:id:midori32:20161026213246j:image

上手くいかない人は質問を変えよう

 多分、今辛い人って、すっごいネガティブだと思います。

 

わたしってなんでこんなダメなんだろう?

どうしてこんな不幸なんだろう?

なんでお金ないんだろう?

 

そんな問いかけ、毎日無意識にしてませんか???

 

折角頭を使ってお考えになるなら、ちょっと、質問を変えてみましょう。

 

例えば、

 

わたしのいいところって、何だろう?

どうしたら、明日今より幸せになるだろう?

どうしたら、お金が手に入るだろう?

 

こんな風に。

 

人間って不思議なもので、ネガティブな質問には答えられないんですが、ポジティブな質問に対しては、絶対に何かしら答えを見つけてくれるんですよ(笑)

 

わたし自身、自分に対してプラス思考の質問をするようになってから、人生がどんどん好転していったように感じます。

  

毎日つまんなくて辛いと思っている人へ 

まず、やってみてください。

 

今、どうしたら辛くなくなるかな?

どうしたら楽しくなるかな?

 

と考えること。 

これが最初の一歩です。

 

急にガラッ!と変わるようなことを期待していた方、すみません(笑)そーゆーのは、ないです。ないない。ホントない。

 

ちょっとしたことが、少しずつ重なって、いつの間にか、、、あれ?変わってる?という感じ。

 

noteマガジンまもなく発行です♡

みどりの悶々とした日々が垣間見える、ブログ初期の記事や、都合により削除したプライベート記事をまとめたnoteマガジンを、現在作成中です!来月中には公開予定。

 

ダメダメ&普通のOLが、前向きでパワフルになっていく最初のシーンを、たっぷりご覧いただける一冊です。

 

現在のみどりによるコメントや、note限定の書きおろし記事、更にブログではなかなか書けない恋愛やプライベートの事まで公開しちゃいます。

 

かな〜〜り面白いものになってきているので、是非、お楽しみに!

 

後日談:完成しました!!

noteマガジン「みどりのあしあと」完成しました! - よりどりみどり

 

是非やってみてください

どうしたら、明日、今日よりもっと楽しくなるかな?

 

ぜひご自分に聞いてみてください。

答えは絶対に、あなたの中にあります。 

 

気軽にやってみてくださいね(*^^*)

 

みどり