よりどりみどり

おしゃれLIFEクリエイター・みどりによるステキな日々の過ごし方♬歯列矯正・美容・断捨離・ミニマリスト体験記も♡

MENU
スポンサーリンク

ダブルベッドの処分から思うこと

スポンサーリンク

ダブルベッドを廃棄しました。

同棲中の彼の持ち物です。引っ越しを機に捨てることになりました。

 

処分のきっかけ

引越し先も今までと同様、賃貸物件です。条件のひとつとして「今よりもコンパクトに暮らせる部屋」を選びました。

 

わたしの意志を汲んでくれて、彼の方から「捨てるよ」と言ってくれました。

 

引越し先は部屋数がひとつ減り、狭くなります。ダブルベッドを置けないわけではないけれど、置くとだいぶ手狭になるので助かりました。

 

彼は、本来は広いベッドでのびのび寝るのが好きな人なので、思うところはあったでしょう。それでもわたしの気持ちを考えてくれ、有り難いなあと思います。

 

処分は大変でした

粗大ごみとして自治体に引き取ってもらいました。階下に運ぶのは一苦労でした。マンションの階段よりも幅広のマットレス。くにゃくにゃ曲がるため、ゆっくり階段をすべらせて下ろしました。ダブルベッドは解体して部材を運びます。それぞれのパーツは重く、わたしには持ち上げられません。そのため、ほとんど彼におまかせでした。

 

解体したマットレスとベッド。ベッドは解体したので小さく見えます。

f:id:midori32:20160423091434j:plain

 

当然ですが、大きなものを処分するのは手間とお金もかかります。どちらもかけないに越したことはありません。

 

部屋が広くなりました。

 

自分で持ちあげられないものは極力買わない

これは、わたし自身の主義。

 

水槽・洗濯機・冷蔵庫はこれに当てはまりませんが、大きすぎるもの・重すぎるものを買うのは、好みではありません。

 

自分の手で持ちあげられるものであれば、簡単にレイアウトを変えられるし、処分も容易なことが多いです。

 

彼のおかげで大きなベッドを体験させてもらい、大きなベッドはそれはそれで良いなあと思ったものです。いつも同じ場所に寝床があり、上げ下ろしする必要がなく、ベッドメイキングも簡単。

 

しかし、やっぱり自分の主義には合わないかなと思いました。

 

憧れの暮らし

いつでも、どこでも、スルッと居場所を変えられる。旅をするような暮らしへの憧れは、今もまだ消えていません。

 

引越しの支度が1時間で終わるような暮らしをするのが理想です。明日から、他の場所で暮らす、となった時に、いつでもどこでも行けるように。

 

とはいってもそんな簡単なものでもないかもしれませんが「いつでも身軽でいたい」という憧れ、大切にして生きていきたいです。

 

関連記事

 

 

みどり