よりどりみどり

おしゃれに、豊かに、楽しい人生を。歯列矯正・ミニマリスト体験記なども

MENU
スポンサーリンク

Betty Halbreichさんに会いに行く!5番街の老舗百貨店Bargolf Goodman

NYの5番街にある老舗の高級百貨店、バーグドルフ・グッドマン。ここには、買い物を手伝ってくれるスタイリスト的存在・パーソナルショッパーが多数います。

 

百貨店内で、お店を超えて似合う服を提案してくれるんですね。

 

ちなみに、バーグドルフ・グッドマンでパーソナルショッパーを導入するきっかけとなったのは、一販売員であったベティ・ホールブライシュさん。御歳なんと90歳!今も現役で働いていらっしゃいます。

f:id:midori32:20180516145755j:plain

(引用:Bergdorf's Legend Betty Halbreich On Beauty And | Into The Gloss

 

この方に会うのが、今回NYに行った目的でした。

 

きっかけ

彼女がフューチャーされた「人生を変えるクローゼットの作り方」って本のチラシが、なぜか私が今通っているピラティスのクラスに置いてあって。

 

 

ほうほう、これは一体なんだい、と思って買って読んで見たらすごい気になってしまった。

 

ベティさんの気になるポイント

私がこの本を読んで気になったのは主にこんな感じ

 

✔️90歳なのにまだ働いてる

✔️仕事は基本休まない

✔️40を過ぎてから服の仕事を始めた

✔️ファッションは子供の頃から身近で好きだった

 

✔️売り上げはどうでもいい その人に似合う服を選べればそれでいい

✔️「私は売り上げとか細かいことはしたくなくて、ただお客さんに似合うものを選びたいから、この百貨店の中に自分のオフィスをください」って偉い人に交渉して今の仕事がある

 

✔️てかみんな服を選ぶのを口実にして私に会いに来る 話に来る

✔️まるでセラピストのよう

 

✔️出勤時は毎日フロアを歩く 服をちゃんと見る スタッフと話す

✔️スマートフォンや携帯電話は使わない(みんなスマホばかりで目の前のことが見えてない あまり良くない)

 

✔️近隣の人は勿論、世界中に顧客がいる

✔️実はニューヨーカーじゃない。シカゴ生まれの自然を愛するお嬢様

✔️富裕層の家の旦那様と結婚したが、その後離婚も経験している

✔️お子様にも恵まれるけれど、決して一般的に幸せという感じではない

✔️その他も結構、波乱万丈な人生を送られている

 

本ってどんな風にも書けると思うんですよね。見せ方っていうか。まあこれはあらゆる表現活動において同じだと思うんですけれど。

 

だけど本に書いてあることは本当だろうなと感じました。ご自身のパーソナリティをうまく生かして、仕事をしているんだろう。在り方に嘘はないだろう。

 

f:id:midori32:20180516151422j:plain

鳥さんフューチャーのディスプレイ♡バーグドルフグッドマンにて

服と仕事(外側)を通じて内面に共鳴したい

私はスタイリストに服を選んでもらったことはないです。もちろん素敵な人がいたら選んで欲しいと思うけど、そういう機会は今までなかった。だからいつも自分で工夫してきたし、私が知っている何人もの素晴らしい販売員の方に直接相談すれば事足りています。

 

だけど彼女には0から選んで欲しいと思いました。本を読んだ後、インタビュー等も拝見して、美しいもの、そうじゃないもの、本質を突いているもの、突いていないもの、そういうのを見分けられる人なんじゃないかなって、なんとなく感じたんですね。

 

[Former CEO of Bergdorf's] Ira Neimark came up to me, right there on the second floor at the window, and he said,  ‘Listen Betty, we’re all very fond of you, but you have no sales record. You’ve been here almost two years and you’ve never run up a sale.’ I explained to him that I don’t do math. I said, ‘Why don’t you give me a personal shopping offer?’ (中略) I saw a very great need for it—these people needed my help. Most women are not very confident about dressing. I became their mirror. For me, that is the only thing I’ve ever been sure of.

 

※みどりのざっくり訳

[Bergdorfの元CEOの]Ira Neimarkが私に言ったの。「ベティ、私たちはあなたが大好きだけど、あなたには売上記録が一つもないよ。あなたはここ2年近くバーグドルフグッドマンにいて、一度も売ったことがない。

私は彼に、私は数学をしていない、と説明し、「私にパーソナルショッパーをさせてくれませんか?」と言ったわ。(中略)

(パーソナルショッパーは)絶対に必要とされていると思ったの。ほとんどの女性は着こなしについて自信がありません。私は彼らの鏡になったんです。私にとって、それは今までに確信した唯一の事です。

(引用:Bergdorf's Legend Betty Halbreich On Beauty And | Into The Gloss

 

あと、これだけ高齢で仕事をし続けれらるのもすごい。そもそも、必要とされているし、本人は関与していなくても、ある意味きちんと利益生み出している存在のはず。

 

生涯現役って、男性はよく聞くけど、女性だとあんまり聞かない。カッコイイなー!と思ったんですよね。

 

すんなりと会えることになった

で、ダメ元でメールを送ったんです。

 

私も日本で服の仕事してて、ベティに会いたいです。服を選んで欲しいです。

NYにいついつ行きます、予約は取れますか、って。

 

そしたら、1日経ったくらいで秘書のマリアさんから連絡が来て、会えることになっちゃった!

 

めちゃくちゃ緊張してました

もちろん会うまではすごくそわそわしてました。うまく話せるかなとか、実際こわかったらどうしようとか、ていうかベティさんのコンサルティング料っていくらなんだろうとか(メールしたけどその件について返事はなくて、いくらでも会いたいなと思っていたし、とはいえもしあったとしても百貨店プライスだろうし、でもこの件はNYに着いたらすっかり忘れてた笑)、結構カジュアルな格好で来たけど大丈夫かなとか。

 

いろいろ心配すぎて、初日にバーグドルフグッドマンまで下見しに行ったよ。笑

 

f:id:midori32:20180516151343j:plain

ホワイトアスパラがモチーフのDIORディスプレイ。なにこれ?ってみんな興味津々

 

ちなみにバーグドルフグッドマンは日本で言う伊勢丹みたいな感じ。伊勢丹も参考にした百貨店だから、当然かもしれないけど、お店の雰囲気だけでなく、扱っているアイテムやプライスゾーンも似ていました。

 

コンサルティングツアーの様子は次の記事で書きます。

書きました!

midori32.hatenablog.com

 

 小鳥遊みどり