読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりどりみどり

普通のOLは0から月間20万PVのパワーブロガーになりました。歯列矯正・美容・筋トレ・ミニマリスト・断捨離等の体験記♪

MENU
スポンサーリンク

どうしてもやりたいことがあるなら、勇気を持って行動しよう

みどり論

スポンサーリンク

大阪へ向かう朝、ラッキーなことがありました。

 

高速バスが遅れてしまい、飛行機に遅れそうになったのですが、偶然居合わせた方に、空港までのタクシー代を払ってもらったのです。

f:id:midori32:20151115193750j:plain

タイトルは、その時に得た教訓です。

 

 予定の高速バスに乗れなかった

 

まだ外が暗い中、空港への直行バスに乗るため

やや距離のある近隣の駅へ向かいました。

 

バス停には長蛇の列。ビジネス利用風の人、旅行者風の人、色々です。

 

バスの到着時刻を過ぎて、列は更に長くなります。10分待っても来ないし、15分経っても来ない。ようやく来たバスには人数制限があり、わたしは乗車出来ませんでした。

 

次のバスでは、間違いなく飛行機に乗り遅れます。


どうしようかな、と思っていると、前で待っていた男性が、係員に運賃を返金してもらっています。

 

次のバスも遅れているし、飛行機に乗り遅れてはマズいので、わたしも便乗して返金。

タクシーで空港に向かうことにしました。

 

タクシー代...?

 

タクシー乗り場に向かいながらふと考えます。

空港まで、いくらかかるんだろう?高そうだなあ。 

ふと、目線を上げると、先ほど前で待っていた男性が、スーツケースを引いてタクシー乗り場に向かっているのが見えました。

 

(ピコーン。相乗りさせてもらえないかしら・・・)ドキドキしながら、男性の近くに行ってみます。

 

目的地が同じ人にアプローチ

 

みどり「すみません、羽田に向かわれますか?」

男性「はい」

みどり「あの、もし宜しければ相乗りさせてもらえないでしょうか」

男性「・・いいですよ」

みどり「ありがとうございます!お金は半分お支払いします。」

男性「要りませんよ。」

みどり「いえ、お支払いしたいです。」

男性「ただし、タクシーは選べませんよ。僕は、個タク専門ですから。」 


綺麗な白いつるんとしたタクシーに乗り、空港に向かいます。

 

男性は、仕事で飛行機を利用するそうで、遅れたら大変だと言っていました。こんなにバスが遅れるのは初めてだそうです。

 

どうして僕が羽田に行くと分かったのですか?と聞かれ、同じバス停の後ろで待っていたことを伝えました。

更に、空港までのタクシー料金が半額になったら嬉しいなと思って・・・と正直に言うと、明るく笑ってくれました。

 

きっと仕事も出来る方なんでしょう。タクシーの運転手さんや、わたしと話す時、さり気ない冗談を混ぜながら、話してくれます。

 

タクシーから見る東京の夜明け、まるで宝石箱のように綺麗でした。

 

空港に着くと、タクシーチケットで支払いを済ませた男性は「ほんとうにお金は要らないよ!また、どこかで会いましょう!」と、颯爽と去って行きました。

 

何度も何度もお礼を伝えました。

伝わったかな・・・?

 

どうしても時間通りに飛行機に乗りたかった

 

冷静に考えれば、交通機関の遅延なので、次の便に振り替えてもらうことも出来たでしょう。

 

しかし、大阪では朝から予定がありました。人と会う約束もありました。

次の飛行機が満席で、もし振替ができなかったら嫌でした。

 

絶対に予定通りの飛行機に乗りたい!

更にタクシー代も安くしたい!

その思いが、男性に話しかける勇気を後押ししてくれました。

 

勇気を持って行動すると、運が掴めるのかもしれない

 

気持ちがあれば、行動は変わるし、人に伝えると、思いを叶えてくれることがあります。更に予想以上にハッピーな出来事が起こることを知りました。

 

たまたま運が良かっただけでしょ、と言ってしまえばそれまでですが、バス停を離れ、タクシー乗り場に向かった人は、男性の他にはわたし一人でした。

 

行動したことで起きたことには間違いありません。運は自分から掴みとるものなのかも、しれません。

 

また「どうしてもやりたい」ことに出会ったら、おそれずに、勇気を持って行動してみたいと思います。

 

そう言えばそんなことを、杉山大輔さんも書かれていました。

いい本です。

 

みどり