よりどりみどり

おしゃれLIFEクリエイター・みどりによるステキな日々の過ごし方♬歯列矯正・美容・断捨離・ミニマリスト体験記も♡

MENU
スポンサーリンク

NOと言えない人へ 勇気を持ってNOと言うためのたった1つの方法

スポンサーリンク

仕事上、立場を考えたら120%やるべきことを拒否しました。

理由は、気がのらなかったからです。そんなことをしたのは初めてです。

https://gallery.mailchimp.com/ca6ae38471d227b05e07a47e9/images/NO.jpg

(画像引用:リンク

 

NOと言えた理由を考えてみました。

好奇心が勝ってしまった

気がのらない上、やらなかったらどうなるんだろう?という好奇心がありました。

 

結果、断ってみて特に困ったことはありませんでした。

 

おまけで色々考えてみたところ「本当に嫌だったのはそのことではなく、違うことだった」と気が付きました。その結果「嫌なことはその場で嫌だと言おう」という気持ちが湧いてきて、記事を書いています。

 

時間が手に入った

仕事をやらなかったことで、時間が出来ました。思いがけなく数時間が手に入ったのでとても嬉しかったです。自分にとって必要なことだけをすることにしました。

 

その時間で色々と作業が出来ましたが、思ったより進みませんでした。何故なら、その多くを睡眠に充てたからです。昨日は休日で、恋人と外に出かけましたが、そのせいで疲れていました。外出は彼の希望でしたが、わたしは家で静かに過ごしたり、本を読んだり、考え事をしていたかったのです。

 

予想通り疲れてしまって、やりたいことが半分もできませんでした。そう、本当は、わたしは仕事でなく、彼にNOと言うべきだったのです。一人で出かけて欲しい、一人にして欲しいと。

 

辛いのは自分だけではない

なかなか断りづらいことってありますよね。

 

わたしは自分の意見を口にだすのが苦手ではないので、NOと言うことにも拒否感はないと感じていましたが、よくよく自分を振り返ると、実は苦手なことでした。

 

昔から友人によく『ほんとみどりは断るの下手だよねー』と言われていました。好きでない方に好かれた時、何となく断れずにデートを続け、段々と辛くなって着信拒否してしまったこともありました。

  

自分の意見を押し殺したことで、結果、他人に負担をかけてしまいました。辛いのはわたしじゃないです。迷惑がかかってしまった人です。

 

 わたしが仕事をやらなかったことで、代わりに時間を奪われた人がいます。申し訳ないです。ごめんなさい。でもわたしが持っていたその仕事は、代わりの人でもできる仕事でした。さて、それって、わたしが本当にやるべきことだったんでしょうか?他人にもできることをし続ける。そういうことに関わり続けるのは、もしかして無駄ではないのか。そんな考えが湧いてきました。まあそれはさておき。じゃあ嫌なことをその場できちんと伝えるにはどうしたらいいのでしょうか。 


嫌だという感情に蓋をしない

「嫌だな」と感じる自分を、駄目な人間だなあとか、みっともないとか、そんな気持ちを感じていませんか?でもそうじゃない。嫌なことを嫌だと感じただけです。ただそれだけです。 


まずは、嫌だなあと感じたことを素直に受け入れる。その感情を否定しないで受け止めます。そうすれば後は簡単です。大人らしく意思表示をするだけです。

 

むくれるとか黙るとか暴言を吐くとか、そういう子供じみたことはやめましょう。

 

断り文句は、Googleで調べると沢山出てきます。

 

時間は有限です

毎日、嫌なことに沢山出会うでしょう。それ、むやみに引き受けていませんか。仕事だけじゃなくて人間関係もそう。時間は有限です。

 

何かやりたいことを達成するには時間をかけるしかありません。手を出すものと出さないものを見極め、ただ時間を積み重ねていく。不要なことをする時間は削る。大事なことに時間を使いましょう。

 

感情に素直になろう

大切なのは自分の感情に正直になることです。YESもNOも自分の価値観に従い、勇気を持って伝えてみましょう。


仕事を断って申し訳なかったけど、断って良かったなと思いました。

明日からもっと正直に生きます。

 

実際にやってみました。

勇気を持ってNOと言おう。嫌なことを断ってみた - よりどりみどり

 

みどり