よりどりみどり

おしゃれに、豊かに、楽しい人生を。歯列矯正・ミニマリスト体験記なども

MENU
スポンサーリンク

【ピラティス9.10.11回目】坐骨が、坐骨が、立った!!!

「ピラティスを続けているとだんだんと身体の変化に気づくようになるよ」 

 

先生にそう言われてスタートしたピラティス。

 

いつもはレッスン後にそれを実感するのですが、今回は初めて、レッスン中に身体の変化をドカンと感じました。

 

 坐骨が、立ったのですよ。。。!!!

 

何言ってるかわからない、という人は本文へどうぞ。

 

前回の記事

【ピラティス8日目】陽だまりのような明るさで - よりどりみどり

 

大好きな先生と2days

9.10.11日目はお気に入りとなった先生のクラスへ。

 

マインドフルネス先生と、ドルフィン先生。どちらもグループで行うクラスです。

 

マインドフルネス先生のクラスは基本的にきつい。

本当にヘトヘトになる。

 

ドルフィン先生のクラスはそんなに難しくなく、かなりの頻度で姿勢をサポートされる。

 

2人とも出来ているところはしっかり褒めてくれるから嬉しい。

 

頻度を開けずに通っています

4月に入ってから、週に2-3回のペースで通っていて。このくらいのペースで行くと、体がピラティスを忘れず、少しずつ一連の動作や、自分の体の動かし方を覚えてきます。

 

教室にもやっと抵抗なく行けるようになりました。笑 

 

なんだかんだ、私って、ビビリなのですよ。運動って得意じゃないし、ちょっと営業のお誘いを受けただけで行きたくなくなっちゃうし

 

変化は11日目に

タイトルの「坐骨が立った」について。

 

11日目のマットを使ったレッスンで、ちょっとポーズは違うんですが、下の写真みたいに、マットに対して90度に座るポーズがあって。

f:id:midori32:20180411011611j:plain

(画像こちらよりお借りしました)

 

で、こういう姿勢の時に、先生は「坐骨をずっしりとマットに沈めて」とか「坐骨をまっすぐマットに降ろして」とか言うんですが、まあよく分からないんですよ。笑

 

まず坐骨ってどこだよ、みたいなね。お尻だけどお尻じゃない。

 

ちなみに坐骨ってこれです。イラストの赤で囲った部分。

f:id:midori32:20180411012047j:plain

 

↑これの三角形の下の部分をですね、マットに降ろす、というわけです。すると、骨盤が正しい位置にストンとおさまる。

 

私、今までは一生懸命、お尻の肉を手でムニッ!と外側に開いて、坐骨を立たせていたんですが、今日はそんな動作もすることなく、初めて自然に坐骨が立てられたんです!

 

骨盤が後傾しがちで、なかなか難しい感覚だったんですが、坐骨が立った瞬間に、自然に「ああ!これが正しい位置よ!」と、体は分かってくれました。

 

とても嬉しかった。正しい姿勢に一歩近づいたというわけですから!

 

おまけ

みどり「先生!今日初めて坐骨が立ったんですよ!」

先生「見てましたよ!立ってましたね。よかった、よかったぁ。。。」

 

なんかすごいほっこりしました。

 

続きはこちら

【ピラティス11〜19日目】習慣化し始めました - よりどりみどり

 

関連記事 

midori32.hatenablog.com

  

小鳥遊みどり