よりどりみどり

おしゃれに、豊かに、楽しい人生を。歯列矯正・ミニマリスト体験記なども

MENU
スポンサーリンク

【ピラティス5.6.7日目】ありのままの美しさを

小鳥遊みどりです。都内では桜が満開!春ですね。

 

しばらく書きそびれていたのでまとめて記録。

 

タイトルはレッスン中に気がついて、ちょっと感動したこと。

 

前回の記事

 

5日目「不思議な体験も楽しむ」

予告通りマインドフルネス先生のクラス。初回ほどの感動はなかったものの、とても素晴らしかったです。心と体が一体になる気持ちよさ。体もグイグイ動く。

 

先生は「みどりさんは楽しそうね」と笑う。

 

そう、わたしは楽しいことが大好き。

 

彼にこの先生のことを話すと「ちょっとスピッてるね」というコメントでした。(=スピリチュアル要素があるね、という意図。私たちは2人でしか使わない略語をふんだんに使って話す)世の中には不思議なことがたくさんあります。

 

6日目 「肩甲骨の目覚め」

初めて出会う先生のクラス。とりあえず時間が会うものに参加するスタイルでやっているのだけど、とにかく登場する先生がたくさんいます。

 

先生は大人になって心を壊して病気になった時にピラティスに出会い元気になったそう。自己紹介を、とのことで少し話をしてくれたのだけど、あまりに自信なさげに時々声を震わせながら話すので大丈夫か?と思いました。しかし、レッスンに入るとその姿は一変。しなやかな動きをしながらものすごい声が太くなる。すごく驚いた。ピラティスで自信を持つことができたのだろう。

 

このクラスはすごくキツかったです。終わった後、お腹のあたり、数日間筋肉痛が続いたくらい。一番驚いたのは、うつ伏せになって肩甲骨を上下する、という動作。しかし私の肩甲骨は全く動かなくて、どうしたらいいかわからず、とりあえずうつ伏せでウネウネしていたら、先生がアシストしてくれて、これでもかってくらいに肩甲骨を上下にゴリゴリと動かされてびっくり!笑 

 

先日行ったカイロプラクティックでは「肩甲骨全然動きませんね」って言われたのだけど、肩甲骨は私が動かしてないだけで、実はメッチャ動くんだな!と驚きました。

 

キツかったけどまた行きたい。充実感があった。

 

7日目「しなやかな体は美しい」

先日、超つまらなかった先生のクラスにもう一度出てみました。ものは試し。

 

今回は感想が違って楽しかったです。私のテンションや体調だけでなく、先生のコンディションもあるのかもしれない。

 

5、6日目のように刺激はなかったのだけど、この先生は型に当てはめる=ものすごく基本に忠実なレッスンをしているのだな、と気づきました。

 

どう動いたら正しいのだろう。身体の動きが正確なのだろう。

 

そんなことをずっと考えて一生懸命体を動かしていたら、あらゆるポーズで上手くできないわたしの体に、先生が手を添えて教えてくれます。

 

横を向いて足を折り曲げ、手をマットにつき、もう片方の手を上方向に伸ばすポーズ。

 

「そうそう!もっと、もっと美しく。」

 

先生のアシストにつられて体を動かしていく。すると、お腹、背中、腰、腕がびよんと伸びる。

 

鏡に映る自分の姿が美しい!

 

そこで何かスイッチが入りました。

 

そうか、美しい動きをイメージしたら勝手に美しくなるのか。

 

地を駆け抜るしなやかなチーターのように。

海中を体をうねらせてビュッと横切るイワシのように。

空高く飛ぶ雄大な鷹のように。

 

f:id:midori32:20180323160501j:plain

 

レッスンが終わった後、先生が「後半だんだんと良くなっていったね」と声をかけてくれました。こちらのやる気と感動は動きから伝わったようです。

 

私は「正しく動こうと思うと、どう動かしていいかわからないけれど、美しく動こうと思うと、自然と正しい動きができるものなのですね。」と先生に伝えると、にっこりと笑ってくれました。

 

あるがままに、美しく。

私たちは、そのままで、すでに素晴らしい。

 

私の講座やファッションの仕事に横たわるテーマと共通点を感じて、涙が出そうになりました。ありのままを追求するだけで、私たちは幸せになれます。身体の動きも同じなのではないかしら。

 

すごいぞピラティス。次回も楽しみです。

 

小鳥遊みどり