読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりどりみどり

普通のOLは0から月間20万PVのパワーブロガーになりました。歯列矯正・美容・筋トレ・ミニマリスト・断捨離等の体験記♪

MENU
スポンサーリンク

【大人の歯列矯正344日目】マスクの中に鼻と顎がおさまるようになった

歯列矯正

スポンサーリンク

最近、以前よりマスクがかけやすくなっていることに気がつきました。

歯列矯正の影響だと思います。その理由をイラストつきで解説します。

 

大判 潤いシルクのおやすみマスク(ポーチ付き) キナリ

気がついたきっかけ 

最近、いつもと違うメーカーのマスクを使っていました。

今までと比べてちっともずれません。「このマスクは顔の形に合うな」と思っていました。

 

鼻が低く、顔が大きい(と思っていた)ので、フィットするマスクが少ないのです。

 

昨日、久しぶりにいつものマスクを使ったところ「あれ、いつもと違うぞ?」と気がつきました。

 

いつものマスクが鼻と顎にぴったりフィットするのです。そこで「顔のかたちが変わったのでは・・・?」と気付いたというわけです。

 

どんな風に変わったのか、具体的に検証してみました。

 

顎の面積が減った

顎がすっきりしたことで、顎の面積が少なくなりました。

かなり極端に書くと、こういう感じです。

 

f:id:midori32:20160127054210p:plain

 

マスクが必要な面積が少なくなったことで、顎のおさまりがよくなったのでしょう。

 

「おちょぼ口」が後退した

 歯列矯正を始める前は、いわゆる「おちょぼ口」でした。

 

口もとが前に突き出ていたため、マスクをしながら話をすると、

口の動きでマスクが動いてしまい、マスクをいちいち直す必要がありました。

 

そう言えば最近、マウスを直す頻度が劇的に減っていました!

口もとが後退し、マスクで覆う部分の距離が少なくなったのだと思います。

 

こんな感じです。

f:id:midori32:20160127055336p:plain

 

  

マスクがぴったりフィットするようになるとは・・・。とても嬉しいです。

 

コンプレックスは思い込みでもあった

今回、マスクがかけやすくなったことで、コンプレックスが思い込みだったことがわかりました。

 

上で「鼻が低い」「顔が大きい」と書いていましたが、そうではなかったようです。

 

  • 鼻が低いから、マスクがずれるのかな?→鼻のせいではなかった!
  • 顔が大きいから、マスクにおさまらないのかな?→顔というより、顎の形状と口元のかたちのせいだった!

 

悩みが勝手に解消されて嬉しいです(;∀;)

 

歯列矯正を迷っている人へ

痛かったり費用がかかったり時間がかかったりするけど、わたしは始めて良かったなと思っています。

 

病院を探すのに便利なポータルサイトはこちら。無料で使うことができます。

自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』

 

関連記事

1年間の変化の様子をまとめています。

【大人の歯列矯正326日目】顔の変化を公開&歯列矯正の1年を振り返る(画像あり) - I'll not pretend to be someone who I'm not.

 

みどり