よりどりみどり

おしゃれに、豊かに、楽しい人生を。歯列矯正・ミニマリスト体験記なども

MENU
スポンサーリンク

普通のOLがブログを通じて起業するまで その2

みどりです。

普通のOLだった私が起業するまでのハイライトその2。

 

当時は書けなかったこともぶっちゃけてます。

 

前回の記事はこちら

midori32.hatenablog.com

 

影響力を持ちたい

 

ブログを書き始めて1〜2か月で「もっと多くの人に読んでもらいたいな」と思うようになりました。

 

誰かに影響を与えるってすごく嬉しいことだし、私もブログを通じて、いろいろな人から影響を受けてきたから。メッセージ性の強いブログが書きたいな、って。

 

▼なんとなく更新に慣れてきた頃

2015-03-01から1ヶ月間の記事一覧 - よりどりみどり

 

だけど当時の私は、まだまだ自分に自信がなくて。自分を全面に出さずに、影響力のあるブログを書くにはどうしたらいいのかな?とすごく考えた結果、

 

「私は、人を笑わせるようなことや、ビックリさせることは書けないけど、便利なことや役に立つことだったら書けそう」

 

と「お役立ちブログ」を意識して書くことに。

 

ただ情報を載せるのではなく、個人ブログらしい、体験談、自分が実際に試したことから。同世代の人に役立つようなことを記事に多く載せてきました。

 

歯列矯正とか、通信費の節約方法とか、断捨離とか。

 

月に1万、3万、5万、とだんだんとPVが上がっていくのは、純粋に嬉しかったです。

 

月間1万PVをコンスタントに達成!ブログを始めてから4か月 - よりどりみどり

 

そして、自分が紹介した商品がネットで売れて数百円が入ったり、アドセンスとかで、お金が発生した時は感激しました。

 

ミニマリスト仲間たち

 

ブログが少しずつ育つ中で、知り合うようになったのは「ミニマリスト」な人たち。

 

自分でも興味があったし、ブログで興味を持った人が開催するオフ会に積極的に出掛けて行きました。

 

今も交流がある人は一部になりましたが「ミニマリスト」に興味のある人たちとは、本当にたくさんやりとりしましたね。ここがあったからこそ、人の繋がりがたくさん生まれました。そしてなんと今超絶ラブラブな彼はミニマリストとブログが縁で出会いました。もう心からありがとう。

 

midori32.hatenablog.com

 

リアルイベントだけでなく、SNSでも日々交流して。

 

そのうちに仲間が増え、オフ会だけでなく、日々会うようになったり。

 

ブログ上のミニマリストブームみたいなものもあったと思います。

 

出版社から取材が来て、本に載った時はびっくりしました。

 

書籍「ミニマリストという生き方」でインタビュー掲載

 

断捨離ラバーズの皆さんはよくご存知「捨てる技術」で有名な辰巳渚さん。辰巳さんの著書に掲載されたことがあります。2015年の秋にインタビューを受けました。

 

取材のオファーをいただき、初めて辰巳さんの著書を読み、ご活動を知ったのですが、長年、独立してご自分でお仕事をされていることに、かなり憧れを覚えました。

 

かっこいいな!!!と。

 

私は、経済的にも精神的にも自立した、かっこいい女性に弱いんです。

 

で、この本。このシリーズを書いていて久しぶりに再読したんですが、泣きそうになりました。

 

たった2年前なのに、自分、拙すぎ。。。

 

マジで現在進行形で自分なりに考えながら生きてきたんだなーと思いましたね。さらに、当時の私のとんでもない闇に気づいてしまって、それで涙がうるっと。

 

この本を再読して学びがあったので、これは別記事で書きますね。

 

 ▼取材当時のこと

midori32.hatenablog.com

 

▼書きました

過去の自分の闇に気づく『ミニマリストという生き方』を再読して思うこと - よりどりみどり

 

世界が少しずつ変わった

 

そんなわけで、ブログを始め、書き続けただけで、世界が広がりました。

 

新しい友人が増え、新しい情報が飛び込んできて、自分が発信する側になり。

 

個人でもやろうと思えば発信ってできるんだなと実感。

 

働き方についてもクエスチョン

 

上で紹介した「ミニマリストという生き方_でも回答していますが、断捨離を経て、人生そのものを見つめ直すうちに、会社員という働き方も、そのうち見直さなくてはなあと思うように。

 

当時していた仕事は、多少の充実感はありましたが、幸せを見出せなかったのです。

 

実際「起業したい」ような気持ちもTwitterに書いていました。

 

 

しかし、手元には何もない状態で、最初から会社を辞めて何をするというわけでもなく。

 

とりあえずお金はもっと欲しかった(=もっといい家に住んで美容ファッションにもお金かけたいetc)ので、まずは会社員としてもらう給与を増やすのが早いのではないかと、転職を検討。

 

しかし、いざエージェントに行くと、どこにってもあまり給与が変わらないことが分かって。お給料以外の勤務時間、福利厚生、企業規模など考慮したらあまりハッピーではなかったんですね。

 

それなら今の場所でできることをして、めいっぱい給与交渉するか!と、2年ほどかけ、自分の会社で先輩の仕事術を盗み、専門的なスキルを伸ばし、給与交渉し、TOEICのスコアを自力で半年で830点まで上げて英語力を証明するようになると、社内の評価が上がり、引き抜きのお声がけをいただくだけでなく、外部からのオファーが増え、金額もぐんと上がって。本当にびっくりしました。

 

ちなみに転職時に外資系企業を目指した理由は「かっこいいから」「給与が高いから」。ブログでは英語の勉強したいとか書いてましたが、それも「かっこいいから」に含まれますw

 

数年前に読んでいたトイアンナさんの旧ブログ「外資系OLのぐだぐだ」で憧れたことから始まり、直属の女性上司が外資出身だったり、私の中で外資系OLとかキャリアウーマンってなんかキラキラした憧れだったんですよ。

 

だって「かっこいい」じゃないですかw

 

その憧れから行動に移すまで、そんなに時間はかかりませんでした。

 

余談ですが、当時の私、まさか未来でトイアンナさんと仕事しているとはもはや思うまい!(現在、マネジャーとして、陰ながらお仕事をお手伝いさせていただいています)

  

 

はてなにお引っ越しされてからも大ファンです♡

 

 

で、数社内定を頂いたうち、一番条件のいいところに転職を決めました。

 

転職の成功はとても嬉しかったし、自信にもなりました。見る世界が変わって、本当に良かったですが、良いことばかりではありませんでした。後々、私自身の行動を変える大きな要因になります。(これは、もうちょっと後で!)

 

転職先が決まったあたりで、以前から温めていた企画を実行。

 

レンタルみどり

これはもうずっとやりたかったんですよ。

 

私の2時間をあなたにあげます、ってやつ。

某ブロガーさんのパクリです。笑 (許可はいただきました)

 

midori32.hatenablog.com

 

読者の皆さまの話や相談を聞いたりしてました。募集も実際にお会いするのも、本当にドキドキしたけれど、会社の看板も何もなく、私個人に会いに来てくださる方がいるんだ!とものすごくわくわくしました。

 

2か月で4名の方がいらしてくださり、大変さよりも面白さが勝ち、またやりたいなあと。

 

ただ、転職が控えていたので、一旦やめました。

 

目の回るような忙しさに没頭

 

転職後はとても忙しかったです。仕事は残業はほとんどなかったけれど、勉強がめっちゃ増えました。英語の資料、メール、会議、英語だけじゃなくて、毛色の違う分野で仕事をすることになったので、理解することが山積み。頭がパンクしそうでした。

 

加えて恋人とのいざこざ。恋人の転勤から遠距離恋愛となり、その後別れることになりましたが、その前に、価値観の相違、些細なトラブルからもめていました。

 

f:id:midori32:20171130010309p:plain

 

元恋人とのすれ違い

 

急にステップアップし始めた私を見て、彼が焦ったのです。

 

優しくて純粋な男性で、彼自身も一流企業で働く会社員でしたが、端的に言えばどこか劣等感を感じているようでした。

 

そんなことないよ、みどりちゃんって本当にすごいよ!頑張ってね!と応援してくれる素振りは見せてくれましたが、実際のところ、

 

仕事から疲れて帰ってきても、お疲れ様、どうだった?と声をかけてくれず、仕事について特に何も聞いてくれなかった。私の方もそんな彼に変に気を使ってしまい特に話すこともなく。一緒に住んでいたのに、超絶寂しかったですね。さらに、お金に対する価値観が合わないことから言い合いになることが増え、転職後、彼とは会話が極端に減っていました。

 

精神的な支えを失った気分でした。そしてそのまま遠距離恋愛に突入。彼とは表面上ではとても仲良くしていましたし、ブログ上でもそんな見え方だったと思います。しかし、この時内心、彼とはしばらく会いたくない、ちょうどよかった、とすら思っていました。

 

そんな時、仲のいい男友達と「結婚」について話していて、とある女性のことを知ります。

 

続きはまた次回。