読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりどりみどり

普通のOLは0から月間20万PVのパワーブロガーになりました。歯列矯正・美容・筋トレ・ミニマリスト・断捨離等の体験記♪

MENU
スポンサーリンク

ハイヒールの思い出と、お別れ

スポンサーリンク

靴箱の中に眠っていたハイヒール。傷んでいるけど見ないようにしていたサンダル。

 

いざ出かけようとふと靴箱を見て、とうとう決心がつきました。

 

過去のお気に入りとお別れです。

ヒールを履かなくなった

冬にブーツを履く時以外、ローヒールの靴の出番が増えました。

 

理由はひとつで、足が痛いことで行動に制限がかかることが嫌になったから。

 

最近は「動きやすいのに可愛く、足が綺麗に見える靴」がお気に入りです。

 

捨てられなかった理由 

また履けたらいいなと思っていました。だけど足のアーチが弱っているせいか、履いてもすぐに脱げてしまいます。

 

ストラップ付きか、ブーツでなければ、今の自分には、ハイヒールは履けないのです。

 

ないものねだり

履きたいけど履けない。しかし、履けるように何か努力をしているわけではありません。自然とまた履ける時が来ないことは知っています。

 

不毛な「ないものねだり」は、もうやめることにしました。

 

きっかけをくれたミニマリスト

そんな風に思い切れたのは、昨夜ミニマリストの方々と会ったから。

 

ものを減らすことを話したわけではないのだけれど、自分のライフスタイルをよく知りつつ、どこか達観している彼らを見て「やっぱり持ち物が少ないのはいいな」と感じました。ミニマリストはやめても、今、必要なものと一緒に暮らしていくこと、続けていこうと思います。

 

ハイヒールが大好きだった

ハイヒールが大好きでした。初めて履いたのは中学生の頃。ららぽーとで友達と一緒に買ったウッドソールのサンダルです。ハイヒールを履くと、足が長くて綺麗に見えるんだなあと、お店の鏡にうつる自分の姿にほれぼれ(笑)その頃から夢中でした。

 

持ち物がマキシムだった大学生の頃。服よりも靴が多く、実家ではいつも母に文句を言われました。そんなに持っていてどうするのと。靴箱におさまらない靴は、部屋の壁にずらっと並べていました。学びも遊びもファッションに明け暮れたあの頃、毎日違う靴を履くことが楽しみでした。その殆どがハイヒールだったのです。

 

その頃は、純粋にハイヒールが好きという気持ちだけでなく、自分の外見にも中身にも自信がなくて「もっと良く見せたい」と思って履いていた気持ちもあったと思います。

 

お別れしたハイヒールたち

右の2足がヒールでした。1足はビルケンのサンダル。底が絶望的にすり減っていて。

f:id:midori32:20160723095649j:plain

一番右はピッピのヒール。ピッピの靴っていいですよね。つま先が丸くて、コロッとして可愛くて。

 

真ん中のは歩きやすさ重視で購入したカジュアルなもの。結局あまり足に合いませんでした。

 

パーティシーンでさえ、細くて高いヒールを履くことがなくなりました。

f:id:midori32:20160723095645j:plain

 

かかとを高く上げなくても

ハイヒールを履かなくても、自尊心は保てます。誰かに嫌われることも、蔑まれることもありません。

 

ファッションは、コンプレックスを隠すことは出来ても、根本的に解消することは永久にありません。それとこれとは話が違う。

 

必要以上に背伸びして、無理しなくたって、いいんです。女性らしさを大切にしたいので、おしゃれはするけれど、自然体で気持よく過ごすことも大切にしたいですね。

 

関連記事

 

みどり