よりどりみどり

おしゃれに、豊かに、楽しい人生を。歯列矯正・ミニマリスト体験記なども

MENU
スポンサーリンク

夢と現実のはざまで

美しくなりたいとか、もっと自由になりたいとか、温かい家族が欲しいとか、夢を現実にしたいと願うことは、そんなに悪いことじゃない。

 

わたしは引き寄せとかそういうのは、あるとは思うけど、結果論だと思っている。

自分が強く願ったり、決めて動いた結果。

 

夢と現実の狭間で、

現実にしっかり足をつけながら、

どうしたら夢の世界が現実になるのか、

考える。

 

考えて、考えて、考えながら、

ジャンプしたり手を伸ばしたりする。

 

時々誰かが助けてくれる。

 

お尻を押されたり、高く飛べる靴を履かせてくれたり、上の方から引っ張ってもらったり、時々ヘリコプターが飛んできて上につれていってもらったり、声をかけてもらったり。

 

そうして夢の世界が普通になる。

普通になったら、どこか物足りなくなる。

 

そしてまた、次の夢に向けて、

模索する。

 

わたしには、社会を変えるような壮大なアイデアや、大きな野望や、大勢の人を動かす夢がない。だけどその代わりに、自分をどんどん、夢や理想に、突き動かしていくことができる。

 

これだ!と思う、確信めいた、強い気持ちと共に、歩いていく。例えそれがいばらのみちだとしても。

 

そう。そんな風に、まだ見ぬ道を模索しながら、自分の夢を叶えて生きる才能があるんだなあと。

 

そんな自分がたまらなくちっぽけで嫌だった。

 

最近は、悪くないかもなと。

 

社会を動かす才覚はなくても、周囲の人のために、何も出来ない、と言うことはないから。

 

その軌跡を、ここに残していくつもり。

 

皆さん、いつもありがとう。

今日はとてもいいことがあった。

 

おやすみなさい。

 

小鳥遊みどり