読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりどりみどり

普通のOLは0から月間20万PVのパワーブロガーになりました。歯列矯正・美容・筋トレ・ミニマリスト・断捨離等の体験記♪

MENU
スポンサーリンク

疲れた時の処方箋 ◯◯な場所に行く

スポンサーリンク

こんにちは。GWが終わってしばらく経ちますが、皆さんお元気ですか?

 
わたしの方は、ちょっと疲れが出てきました。
 
今月から生活がガラッと変わりまして、しかし環境の変化には上手に馴染めたと思っていたのですが、身体が「疲れたよー」とサインを出してきました。
 
美味しいご飯を食べても、好きな人と会っても、たっぷり寝てみてもなぜか疲れが取れない...。
 
そんな時、わたしの処方箋のひとつを、ご紹介します。

まずは思い切って外に出る

気だるさが消えない休みの日の朝。もう一眠りしたいところですが、エイっと起きました。
 
ストレッチと軽い筋トレをして、身支度をします。
 
気分は晴れませんが、いいのです。お気に入りのスニーカーを履いて、そのまま、出かけます。
 

馴染みのある場所に行く

つい最近、引越しをしました。以前も今も、東京にいるので、以前よく行っていた場所に出向くのは簡単です。
 
わたしは、飽き性で、あたらしいことが大好きです。しかし、環境の変化にはそう強くはないんだなと、今回よく分かりました。笑
 
▼飽き性なのは、この記事でも書きました。
 
刺激を受けすぎて弱った時は、自分が慣れ切った場所に出かけてみると、良い感じにリラックスすることが多いのです。
 
地下鉄を乗り継ぎ、見慣れた色の路線図を見た時、肩の力が抜けて、ホッとするのが分かりました。身体が強張っていたようです。
f:id:midori32:20160520165229j:image
 

既視感のある場所は癒される

整然と整えられた駅ビルと反して、毎日多くの電車が行き来するために薄汚れた構内の壁。どこを見ても、長く親しんだ、見慣れたものが沢山あります。
 
馴染みのある地下鉄に乗っただけなのに、随分と癒されてしまいました。
 
その後、お気に入りのマッサージに行ったり、書店に行ったりして、更に元気になったのでした。
 

今までの自分を忘れない

よく見慣れた場所は、安心感を与えてくれます。昔からよく知っている人も同じです。顔を見て、話したり、一緒にいるだけで、ものすごく癒されます。
 
あたらしい出会いや環境はとても大切です。しかし、自分が今まで通ってきた道や、お世話になった人たちも、変わらずに感謝の気持ちを持ち続けよう。そんなことを感じた休日でした。
 

関連記事

 
みどり