読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりどりみどり

普通のOLは0から月間20万PVのパワーブロガーになりました。歯列矯正・美容・筋トレ・ミニマリスト・断捨離等の体験記♪

MENU
スポンサーリンク

【大人の歯列矯正 183日目】左側の第一小臼歯を抜歯 & ガンガン行こうぜ!を身を以て学ぶ

スポンサーリンク

また歯を抜きました。2本。

f:id:midori32:20150812180842j:plain

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9c/17_Walross_1999.jpg

 

美人女医さん、グッジョブ!

先週右側の第一小臼歯2本の抜歯を担当してくれた女医さんに、また抜いてもらいました。前回は、彼女にとって初めての抜歯だったんだろうなと確信しました。

 

【大人の歯列矯正177日目】右側の第一小臼歯を抜歯(口元の画像あり) - I'll not pretend someone who I'm not.

 

今日の彼女は前回とは比べ物にならないくらい落ち着いており、そして、手際が良く、思い切りも良かったからです。勘のいい女性なんでしょう。麻酔をかけ、その間にワイヤーとブラケットを外し、患者の緊張が解けるように世間話も織り交ぜ、抜歯自体は1、2分で完了しました。止血の間にワイヤーを準備し、止血を確認してワイヤーをかけ、ガーゼとマスクを渡してくれました。笑顔が美しかったです。今日の処置は完璧。パーフェクト。美しくて能力のある女性、大好きです。ありがとう。

 

対するわたしのほうも、ビックリするくらい落ち着いていました。麻酔のちょっとした痛みも、苦さも、歯を抜かれる時の「ミシミシ」音も、まあこんなもんね、と思えます。深呼吸して身体がリラックスしていた方が良いだろうと思って(少しは緊張したけれど)ゆっくり呼吸をし、作業が終わるのを待ちました。人間は慣れる生き物だとよく聞きますが、これほどまでとは思いませんでした。精神的ダメージを数値で表すなら、前回が100だとすると、今回は3くらいです。まだ出血があり、口端は血まみれですが、余裕です。

 

今回の抜歯から学んだことがあります。

 

スポンサーリンク 

 

恐怖感もネガティブ思考も無視

怖いな、やだなと思うことがあってもそれが目的を達成する為に必要なことであれば、ガンガン飛び込んで行くべきです。何故なら、痛くて怖くて傷つくのは最初だけだからです。何が怖くて何が痛いかが分かってしまえば、次は怖くありません。上手くいけばラッキー!成功体験として自分の胸に大切にしまっておきましょう。近いうちに自信になってくれるでしょう。失敗したらどうしましょう!生きてる?良かった。大丈夫、嫌なことは忘れてしまいましょう。そして、上手くいっている時の自分を事細かにイメージしてにっこりしましょう。良いことに気づけました。怖かったけど、4本の抜歯を短期間に済ませて良かったです。

 

恐怖感は無いが、「喪失感」が残った

実はちょっとおセンチになっています。また身体の一部が無くなったからです。上の歯を抜く時は、お別れを伝えたのに、下の歯を抜く時は、緊張でお別れを伝えるのを忘れていました。うっかり。抜歯した歯は、もう身体から離れてゆきましたが、名残惜しいので貰って来ました。4本とも、冷凍庫に入れてあります。気が済むまで所持します。君たちの居場所を最後まで残してあげられなくてゴメン。その分みどりは綺麗になるから、それで許しておくれよね。30年間お世話になりました。ありがとう。

 

いよいよ来週からは、矯正治療が再開します!楽しみです。