よりどりみどり

小鳥遊みどりの自由で豊かな日々のつくり方♬歯列矯正・美容・断捨離・ミニマリスト・TOEIC体験記あり♡

MENU
スポンサーリンク

【大人の歯列矯正124日目】抜歯?非抜歯?運命の分かれ道に、みどり悩んでます。

一ヶ月ぶりの調整日でしたが、ワイヤー調整はありませんでした(泣)

 

代わりに、予定していなかったカウンセリングが一時間もありました。びっくりです。

 

▼前回の記事です

【大人の歯列矯正 120日目】お顔の変化を公開するよ!(画像付き) - よりどりみどり

これから、どうなりたい?

 先生「大分歯並びが揃ってきたね。これから、みどりさんはどうなりたい?」

 

みどり「・・・それは、見た目がってことですか?」

 

先生「それもあるんだけど、この先の治療方針をどうしたいかなって思って。」 

 

みどり「・・・?」

 

先生の話をまとめると

・みどりの場合は叢生で歯がデコボコしてたけど、ある程度歯のガタガタが揃ってきた。これから半年かけて、歯が理想的な位置に動き、噛み合わせも正しくなっていく。もし、今の状態に納得いっていないのなら、治療方針を変えられる。今、ちょうどその分岐点に来ている。

 

・さらに審美性を追求するなら、治療方針を変えた方が良い。そこでみどりは『出来ればEラインの中に唇ががくるような横顔にしたい』と伝えました。

 

先生は『その為には前側に開き気味の歯(オープンバイト)をもっと後ろに引っ込めなくてはいけないから、上下四本の健康な歯(第一小臼歯)を抜いて、歯を動かす場所を増やして、矯正治療をすすめる必要がある。』と言った。

 

・すると治療期間が変わってくる。当初の方法(非抜歯)なら治療期間はあと半年。抜歯をするならあと1年〜1年半。(保定期間は除く)。どっちを選んでも、よほどのことが無い限り追加料金はかからない。(みどりの通っている病院は、最初に一括で料金を支払うシステムだから。)

 

・抜歯をして矯正をするなら、先生が変わる。今の先生は矯正専門の先生じゃないから、矯正を専門にしている同じ病院内の先生にバトンタッチする。これなー。実はこれが一番ネックです。みどりは今の先生が好きでとても信頼しています。そして、先生が好きだからこの病院でやることを決めたんです。だから先生が変わるのは嫌だなあ。

 

解説

第一小臼歯。犬歯の後ろの歯のこと。

f:id:midori32:20150609000455j:plain

出典:https://kotobank.jp/word/小臼歯-79006

 

Eライン。画像内の赤い線のこと。

Eラインのの内側に唇が入ると、美しく見えると言われています。

f:id:midori32:20150609000250j:plain

出典:http://matome.naver.jp/odai/2135675048639588601

 

これはみどりの横顔。唇がやや突き出し、顎が下がっています。

f:id:midori32:20150604203447j:plain

 

そんなこと言われると迷う

元々、健康な歯はそのまま残したい=抜歯はなるべくしたくない、と希望して矯正を始めたので、この提案にうろたえてしまいました。どうなりたい?と聞かれて、落ち着いた今だったら「アゴの梅干しを無くしたい」とか「口呼吸は絶対に治したい」とか言えるんだけど、予想外の質問に答えが出ず・・・。

 

当初の希望通りで行くなら答えは決まっているのですが「もっと綺麗になれるよ」という提案をされると迷います。金額は変わらないから、色々やって貰った方がお得感はあります。でも健康な歯を4本も抜くと言うのはどうなんだろう。いくら美しさのためとはいえ、歯を抜くのとワキの毛を抜くのは訳が違う気がする。第一小臼歯はアゴを支える為に必要な歯だっていう記事も見たよ?

 

両方のメリットとデメリットをきちんと理解した上で判断したいです。まだ頭が冷静になれていないので、とりあえず落ち着いてから考えることとします。来月の調整日に返事をすればいいとのこと。それまでに、また先生に話を聞く機会を作ってもらうつもりです。

 

▼続きはこちら

【大人の歯列矯正148日目】顎間ゴムのサイズが変わった - よりどりみどり

 

みどり